こんにちは。

エステシャンで昆布屋女将のブログへようこそ。

昨日とは打って変わって気温も上がり晴れた函館です。

でも、そんなに嬉しいことでもないのです。

あれほど降り積もった雪が一気に融けだして

道路はグシャグシャになり車を運転する人も歩く人も危険

屋根からの落雪も怖いし

これがまた夜に凍るとやっかいなことに。。。

今年の冬は本当に悲鳴をあげるほどでしたが

自然相手ですもの、自分の思った通りにはならないことを

痛切に実感した冬でもありました。

自然相手と言えば、昨年からこちらも切実な問題が。

道南の名物「がごめ昆布」が深刻な不漁にあること。

近いうちに詳しく現状を書けたらいいなと思っています。

さて、先週の休日のこと。

また荒れ模様で買い物に出かける気にもなれず

冷蔵庫にあるものでなんとかしよう!!と頭をひねり浮かんだのが

こちら!↓
f0312238_18000779.jpg
冷蔵庫の中の中途半端な余り野菜と竹輪それにがごめの納豆昆布を入れてかき揚げに。

竹輪1本~2本は薄切り
玉ねぎ2分の1個は大きめのみじん切り
長ネギ2分の1本は小口切り

上の材料に

小麦粉レンゲに2杯、片栗粉レンゲに1杯を

玉子1個、水150ccで溶いた卵液とさっくり混ぜ合わせる。

(あれば水140ccにしてあと10ccは炭酸水を加えてもok。)

そしてそこにがごめ昆布の細切りふたつまみを投入。

さっくり混ぜて適温の油で揚げる。

たまごが入っているので少しふんわりした食感のかき揚げになります。

この日はなぜか天ぷらの気分で冷蔵庫で眠っていたチーズも発見!

竹輪にチーズを詰めて竹輪チーズ天も作りました。

f0312238_18002313.jpg
衣は同じ分量です。

チーズ竹輪の天ぷらは高温でサッと揚げるのがコツですね。

油の中に長くいれておくとチーズが流れ出てしまうので。。。

f0312238_18004072.jpg
ビールに合うおつまみでお家居酒屋の日でした。(毎日やん!)

この日のがごめ昆布はこちらを使いました。

今や100%のがごめ細切りは希少になりつつあります!

一度は食べてみたい!使ってみたい!方はお急ぎを~~!!


今日もお読みいただきありがとうございました。



[PR]
# by konnbuyaokami | 2018-03-03 18:39 | 料理 | Comments(0)
さて、またまた間が空いてしまいました。

北海道内、酷いことになっています。

爆弾低気圧、数年に一度の吹雪。。。

こちら函館も昨日から影響を受けています。

昨日は強風と大雨でまるで台風みたいな状況。

雪が解けだし、あちこちで車は埋まり、道路はふさがれ。

出かけて帰ってくるだけでどっと疲れが。。。

こんな時は美味しい物をたくさん食べて

少しでも気持ちを上げなければ!!

ってことで~大きな大きな手のひらほどのホタテの貝殻を入手したので

夫のリクエストで青森の郷土料理である「味噌貝焼き」を作ってみました。

私は青森のフェリーターミナルで一度だけ食べたことがあります。

まず、お刺身用のホタテを3個ほど用意。

耳も子も全てコロコロに切ってホタテの皿に入れます。

調味液を作ります。

白みそ大匙2、みりん大匙2、砂糖小さじ1、酒大匙2、粉末昆布の素少々

以上を混ぜ合わせて調味液にします。

それをホタテの入った皿にかけます。(分量は2皿分)

その上に小口切りにした長ネギを乗せます。

そしてコンロの火にかけます。

私はシロカで上からの熱は使わず下からの熱だけで調理しました。

下から熱を加えるのがポイントのようです。

そして味噌がクツクツしてきたら溶き卵をまわしかけ

玉子に程よく火が通ったら出来上がり!!
f0312238_17590632.jpg
さすが・・・青森の郷土料理。

味が濃くしょっぱいですがお酒にピッタリ合いますねー!

これは日本酒でしょう!

もし作られる方がいましたら調味液を作る段階で味の調節をおススメします。

お水やだし汁で薄めるのも有りです。

さてこの日は
f0312238_17592550.jpg
タラの昆布〆と・・・
f0312238_17591684.jpg
蟹のマリネ。

タラの昆布〆はなじみのお魚屋さんの若大将の力作。

身がプリップリで美味しかったでーす!!

本物のホタテ貝で味噌貝焼きを作ってみたいけど

こんな大きなホタテの貝殻なんて手に入らないわーと言う方

こちらをご覧になってみては?



それでは今日もお読みいただきありがとうございました。

こうして書いてる間にも北海道内の被害の様子が続々と流れてきます。

どうかこれ以上の被害が大きくなりませんように。



[PR]
# by konnbuyaokami | 2018-03-02 18:12 | 料理 | Comments(0)

牡蠣の春巻き

またまた久しぶりの更新になってしまいました。

だって、函館・・・・

すっご~~~い雪なんですよぉ~~

一日にすべき仕事がままならず。

通常であれば?

30分で終わろう仕事が2時間もかかる・・・

なんて大げさではなくて本当なんですよ~~。

除雪がされてない道路で車が渋滞

おまけにガタガタで一通り仕事を終えたら

身体がもうガタガタです。

それに加え?

朝夕の雪かき。

家に帰って一段落したらストーブの前でうたた寝してる毎日。

はぁ~~・・・

でも、そんな昨日はちょっと心の余裕もあり久々に創作料理を。

日に日に美味しくなってきている「知内産の牡蠣」を使って。

f0312238_20462330.jpg
「牡蠣とモッツアレラの春巻き」を作りました。

春巻きの皮を三角になるように半分に切って

よく水気をとった牡蠣1個と適量のモッツアレラチーズを包んで揚げるだけ。

創作料理と言っても相変わらずの簡単手抜き料理です。

f0312238_20461188.jpg
美味しさの決め手はやはり新鮮な牡蠣を使うこと。

それとソースも簡単ですがケチャップにタバスコを混ぜる!

是非このソースで食べてみてください。

牡蠣とタバスコって相性抜群なんですよ~!

それもそのはず。

タバスコは牡蠣のために作られたとのこと。

この春巻き、きっとチリソースでも合うなぁと思いますが

最初はケチャップとタバスコを混ぜたソースでどうぞ!

私はこちらの牡蠣を使っています。↓








[PR]
# by konnbuyaokami | 2018-02-18 21:09 | 料理 | Comments(0)
連休3日目の夜です。

はぁ~なんと、女子のジャンプと女子のスピードスケートが・・・

なんとも同じ時間に重なっています。

どちらも北海道が期待する選手たちが頑張っています。

落ち着かない気持ちでチャンネル変えながら

どきどきしながら観つつブログ更新です。

さて、お休み最後の今日は朝食とお昼兼用のブランチ
f0312238_22510005.jpg
まだまだ寒い毎日。

やはりこんなあったかいものが食べたくなります。

「鍋焼きうどん」

私の作る鍋焼きうどんに欠かせないものは・・・

長ネギ、タマゴ、天かす、(あれば・・・鶏肉少々)

そしてなんといってもこの南部鉄器の鉄鍋が素晴らしい~。
f0312238_22521774.jpg
こんろから降ろしてもグツグツいってます。

お腹の底からあったまりました。

この休みを利用してやっと1冊読み終えました。
f0312238_22524203.jpg
流行りに弱い私・・・💦

気になって気になってやっと先日購入しましたが

視力も悪くなり、本を読む根気もなぜか続かなくなり・・・

本を読むのは朝か、日中の明るい時だけ・・・

と、なれば読める時間は限られているのですが。

今日ようやく読み終えることが出来ました。

色々な感想はあるでしょうが、私は感動した側です。

もし私に子供がいたりしたら、

こんな風に人との繋がりや世の中の繋がりを

ちゃんと伝えられる大人になりたいと思いました。

なんだか最後は感想文みたいな終わりになりましたが・・・(笑)

今日もお読みくださりありがとうございました。




[PR]
# by konnbuyaokami | 2018-02-12 23:10 | ブランチ | Comments(0)

目玉焼きのっけトースト

連休2日目。

昨日からまた函館は荒れてますよー。

昨日は気温が高く雨。

先日の大雪が雨で融けて道路はぐしゃぐしゃ。

またまたあちこちで車が埋まっていたそう。

そんな昨日は久しぶりに一人でお家ランチ。
f0312238_00380445.jpg
なーんにも考えずに出来る、でも美味しい。

こんがりトーストにちょっとお野菜のっけてマヨネーズかけて

ハムエッグをのっけるだけ。

とろーりとした卵が美味しいので絶対半熟で。

フォークとナイフでいただきます!!



[PR]
# by konnbuyaokami | 2018-02-12 00:42 | ランチ | Comments(0)

都会で30年のバリキャリ独身生活から一転50歳目前でまさかの結婚。夫の家業の昆布通信販売を手伝いながら現役エステシャンとしても活動。昨年「化粧品検定1級」取得いたしました。美容と健康につながる料理を研究しながら海辺の家で夫、犬2匹との生活。そんな日常やお仕事のことを綴ります。


by miho
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31