牡蠣の春巻き

またまた久しぶりの更新になってしまいました。

だって、函館・・・・

すっご~~~い雪なんですよぉ~~

一日にすべき仕事がままならず。

通常であれば?

30分で終わろう仕事が2時間もかかる・・・

なんて大げさではなくて本当なんですよ~~。

除雪がされてない道路で車が渋滞

おまけにガタガタで一通り仕事を終えたら

身体がもうガタガタです。

それに加え?

朝夕の雪かき。

家に帰って一段落したらストーブの前でうたた寝してる毎日。

はぁ~~・・・

でも、そんな昨日はちょっと心の余裕もあり久々に創作料理を。

日に日に美味しくなってきている「知内産の牡蠣」を使って。

f0312238_20462330.jpg
「牡蠣とモッツアレラの春巻き」を作りました。

春巻きの皮を三角になるように半分に切って

よく水気をとった牡蠣1個と適量のモッツアレラチーズを包んで揚げるだけ。

創作料理と言っても相変わらずの簡単手抜き料理です。

f0312238_20461188.jpg
美味しさの決め手はやはり新鮮な牡蠣を使うこと。

それとソースも簡単ですがケチャップにタバスコを混ぜる!

是非このソースで食べてみてください。

牡蠣とタバスコって相性抜群なんですよ~!

それもそのはず。

タバスコは牡蠣のために作られたとのこと。

この春巻き、きっとチリソースでも合うなぁと思いますが

最初はケチャップとタバスコを混ぜたソースでどうぞ!

私はこちらの牡蠣を使っています。↓








[PR]
# by konnbuyaokami | 2018-02-18 21:09 | 料理 | Comments(0)
連休3日目の夜です。

はぁ~なんと、女子のジャンプと女子のスピードスケートが・・・

なんとも同じ時間に重なっています。

どちらも北海道が期待する選手たちが頑張っています。

落ち着かない気持ちでチャンネル変えながら

どきどきしながら観つつブログ更新です。

さて、お休み最後の今日は朝食とお昼兼用のブランチ
f0312238_22510005.jpg
まだまだ寒い毎日。

やはりこんなあったかいものが食べたくなります。

「鍋焼きうどん」

私の作る鍋焼きうどんに欠かせないものは・・・

長ネギ、タマゴ、天かす、(あれば・・・鶏肉少々)

そしてなんといってもこの南部鉄器の鉄鍋が素晴らしい~。
f0312238_22521774.jpg
こんろから降ろしてもグツグツいってます。

お腹の底からあったまりました。

この休みを利用してやっと1冊読み終えました。
f0312238_22524203.jpg
流行りに弱い私・・・💦

気になって気になってやっと先日購入しましたが

視力も悪くなり、本を読む根気もなぜか続かなくなり・・・

本を読むのは朝か、日中の明るい時だけ・・・

と、なれば読める時間は限られているのですが。

今日ようやく読み終えることが出来ました。

色々な感想はあるでしょうが、私は感動した側です。

もし私に子供がいたりしたら、

こんな風に人との繋がりや世の中の繋がりを

ちゃんと伝えられる大人になりたいと思いました。

なんだか最後は感想文みたいな終わりになりましたが・・・(笑)

今日もお読みくださりありがとうございました。




[PR]
# by konnbuyaokami | 2018-02-12 23:10 | ブランチ | Comments(0)

目玉焼きのっけトースト

連休2日目。

昨日からまた函館は荒れてますよー。

昨日は気温が高く雨。

先日の大雪が雨で融けて道路はぐしゃぐしゃ。

またまたあちこちで車が埋まっていたそう。

そんな昨日は久しぶりに一人でお家ランチ。
f0312238_00380445.jpg
なーんにも考えずに出来る、でも美味しい。

こんがりトーストにちょっとお野菜のっけてマヨネーズかけて

ハムエッグをのっけるだけ。

とろーりとした卵が美味しいので絶対半熟で。

フォークとナイフでいただきます!!



[PR]
# by konnbuyaokami | 2018-02-12 00:42 | ランチ | Comments(0)
いよいよ今日は冬季オリンピックの開会式ですねー。

この4年間にあったことを振り返って

色々あったなぁ~としみじみ。。。

また次の4年もいろんなことがあるのでしょうねー。

日々後悔しないように生きたいものです。

そして今日から数週間、オリンピックを楽しもう~

さて、昨日の夕食はスペアリブでした。

年末にコストコで買ったお肉が冷凍庫に入っていたので・・・。

f0312238_10401818.jpg
お肉はこちら「ポークスペアリブ セントルイスカット」と書いてあります。

なんだ?セントルイスカットって?

それにしてもさすがコストコ。

すごい量ですよね。

いくらなんでも二人でこの量では食べ過ぎ・・・。

半分を使い、半分はグラッドに包んでまた冷凍しました。

そして、更に半分づつを違う味にして楽しむことに。

f0312238_10410828.jpg
まずはこちら↑

圧力なべを使って「ジャム煮込み」

この日使ったジャムは「シィークワーサー」

f0312238_10420707.jpg
レシピはこちら↓
なべにお肉を並べる。(昨日は6本)

お水600cc、醤油100cc、酒50cc、ローリエ1枚を入れ煮込む。

お肉が柔らかくなった頃合いを見て、大匙3のジャム(マーマーレード等)を入れ更に煮込む。

味が染みてお肉が柔らかくなったら完成。

って、相変わらずなんの手間もかけてない鍋任せの料理です。

ただ、昨日は初めてお肉料理にシィークワーサーのジャムを使ったので

途中、味を確かめながらだったのですが

思いのほか、酸味と苦みがありまして・・・・

最後に大匙1の黒糖を入れましたところ味が決まりました。

マーマーレードなどもお使いのジャムによって甘味などそれぞれと思いますので

最後に味の微調整は必要かと思います。

そしてもう一品
f0312238_10422134.jpg
スキレットでバーベキュー味

これは先日、夫がコストコで見つけてきたこちらの味を試したかったから↓
f0312238_10423699.jpg
本当は漬けこんで使うのでしょうが

時間がなかったためスキレットで焼いて最後にジュワ~っと焼きからめてみました。

ああ~これがアメリカのバーベキューなのかぁ~的な味

ちょっと甘めで焦げたところがなんとも香ばしく美味しかった!

f0312238_10414328.jpg
夕べはガッツリ肉!肉!メイン

サイドは最近はまってるオニオンスライス。

血液サラサラ効果を期待して。

お野菜お高いですしね~。

幸い夫婦とも、玉ねぎ大好きなので野菜サラダの代わりに。

フィギアの団体戦、好発進ですね!!

頑張れ~!

今日もお読みいただきありがとうございました。







[PR]
# by konnbuyaokami | 2018-02-09 11:24 | 料理 | Comments(0)
いやぁ~降りました、積もりました。

もう雪かきでグッタリでブログの更新も怠り気味です。

あちこちで車が埋まったり?

雪で全く車が動かなかったり?

雪道の影響で事故があったり?

我が家もそんな事故に巻き込まれた一人です。

ガタガタ道で観光バスの荷物室のドアが開いてしまい

それに運転手が気が付かず2車線で隣に並んだ時に・・・

我が家の愛車のそのドアがガガガァ~~~~と。

最初はドアミラーだけかな?っと思っていたのですが

いざ修理に出してみるとぉ?

ドアも歪んでいてドア一枚取り替えなければならないと。

今、車のない生活で大変不便を感じています。

普通に生活できるってありがたいことなんですねぇ。

そんな気分下がり気味のこの頃ですが

先日、お取引先の方から美味しい頂き物がありました。

それがこちら↓
f0312238_10185240.jpg
あの「白い恋人」で有名な石屋製菓の「なまらバターバウム」

発売前から話題になっていてとっても興味はあったのですが・・・

なかなか自分では買って食べることってないんですよね。

さて、こちらのバウムクーヘン。

よつ葉乳業と石屋製菓が共同開発した特別な「発酵バター」を使用して

一層一層ていねいに焼き上げられているそうです。

f0312238_10190783.jpg
普通のバウムクーヘンより色が濃い目?

f0312238_10191949.jpg
いつも食べるものと比べると、確かに!

バターの濃厚な味と香りが!

そして一番端の焼きあがったところがシャリシャリとキャラメリゼされてる!

これは確かに。。。美味い!!
「なまらバターバウム」だぁ~~~!!

*「なまら」とは、「とても」「すごく」を意味する北海道の方言です。

↑箱にこのような説明書きがされています(笑)

地方に住む友人へ送ってみたくなりました。

[PR]
# by konnbuyaokami | 2018-02-08 10:54 | Comments(0)

都会で30年のバリキャリ独身生活から一転50歳目前でまさかの結婚。夫の家業の昆布通信販売を手伝いながら現役エステシャンとしても活動。昨年「化粧品検定1級」取得いたしました。美容と健康につながる料理を研究しながら海辺の家で夫、犬2匹との生活。そんな日常やお仕事のことを綴ります。


by miho
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28