美味しい焼き鳥を求めて

今日は荒れ荒れの函館です。

日本列島春の嵐だそうですが。。。

こちらは夜中からずっと雨と強風が続いています。

おかげで2ワンたち、ビビりまくりです。

さて、先週のお休みはそんな2ワンたちを連れて

ちょっぴり遠出のプチ旅行を楽しんで来ました。

行先は函館から150キロ程離れた「伊達市」です。

こちらの伊達市は北海道内でも冬は雪がほとんど積もらないことで有名で

北海道の「湘南」と言われています。

こちらへ向かった目的は・・・?

ズバリ!「美味しい室蘭焼き鳥を食すこと!」

室蘭焼き鳥で有名な「一平」に行きたくて。

こちら室蘭に本店があり、札幌にも数件あります。

本店も札幌でも訪問したことがありますが

夫が以前から「伊達店に連れて行きたい」と言っていたので。

伊達についてまずはお目当て伊達温泉に浸かり

宿泊場所の道の駅でワンたちにご飯を食べさせお留守番してもらい
f0312238_10501069.jpg

お腹ペコペコ状態で入店。
f0312238_10490072.jpg

ご存じの方も多いでしょうが室蘭焼き鳥は「豚肉」です。
f0312238_10400728.jpg
まずは「豚精」お決まりのタレで。

こちら秘伝のタレが美味しい。

f0312238_10402188.jpg
こちらはポン尻。

これは油の多い部分なのであっさりと塩で。
f0312238_10403115.jpg
軟骨。こちらも塩。
f0312238_10404268.jpg
そして私の絶対おすすめ「月見つくね」。

写真でお分かりのとおり全てに「からし」が添えられて

そのからしをつけていただくのがまた美味しいのです。

久々の「一平」の美味しさを味わい満足しました。

そしてワンたちとキャンピングカーで就寝。

朝起きてびっくり!
f0312238_10494180.jpg
雪です!寒かった~

この日の帰りは途中吹雪いて風も強くなったりして

キャンピングカーも揺れて怖かったです・・・

ゆっくり休み休み帰路に着きました。

でも晴れ間にはこんな景色も楽しめました。
f0312238_10532832.jpg
また来月はどこに行こうか・・・?

今からワクワクです。

今日もお読みいただきありがとうございました。





[PR]
by konnbuyaokami | 2017-04-18 10:57 | キャンピングカー | Comments(0)

桜前線終盤

各地で今年は異例の桜開花日を迎えたようで・・・

函館でも札幌でも例年より早く街が桜色に染められました。

「今年は弘前に桜を見に行きたい!」そんな願いを夫が叶えてくれました。

ずっと前からお客様たちの「素晴らしいわよ~!」

その教えて下さる様子に胸は躍り・・・

このたびやっと行くことが出来ました!!

本当に素晴らしく、桜を見て胸が震えるなんて体験はなかったことです!

さぁ~素晴らしい弘前の桜、ぜひぜひ楽しんでください♪
f0312238_22083244.jpg
f0312238_22085534.jpg
f0312238_22073045.jpg
f0312238_22075782.jpg
f0312238_22064830.jpg
f0312238_22060827.jpg
人それぞれの人生の中で

繰り返す日々の中で

さまざまな事があるけれど

ちゃんと季節は巡りこうしてまた桜に逢えました。

自然ってすごい!

そしてその生命力ってすごい!

そう感じ、その自然の力に感謝しながら

また来年この桜たちに逢えるのを楽しみしています。

[PR]
by konnbuyaokami | 2015-05-08 22:44 | Comments(0)

青森ねぶた祭り

前回の続くからだいぶたってしまいました。。。ごめんなさい。

まぁいつもそうなんですが。。。。

うちの主人ときましたら・・・

「行きたいね。」→「行こう」→「もう切符取った」

こんな人でして。

実際今回のねぶた祭りも急に思いたったようで。

「明日、青森に行くぞ~」と。

もちろんお祭好きの私。。。いやとは言いません!

f0312238_22345500.jpg
いざ、青森へ出発~~~!

この日はベタなぎで行き帰り本当に快適な海の旅でした。

青森に着いたらタクシーが待っていてくれ

私たちは夫の父の思い出の「十和田丸」の見学へ。

これはまた後でご紹介しますが。。。

すごくいいアイディアで見る人も楽しいと思います。

なんで函館(摩周丸)も真似しないんだろう~と思いました。

f0312238_22402503.jpg
そうこうしてるうちにお祭が!!
f0312238_22403884.jpg
f0312238_22405322.jpg
本当に本当に感激!!

凄い迫力!

夕方のフェリーで着いてお祭を楽しんで。。。
f0312238_22410424.jpg
帰りはフェリーのスィートルームにてお風呂に入って

ゆっくり寝ながら・・・(函館に着くまで気が付かなかった)

帰ってきました。

でも、本当に素晴らしいお祭ですね~!!

毎年行きたいな。



[PR]
by konnbuyaokami | 2014-08-12 23:03 | Comments(0)
数年前、空前の「ラー油」ブームを巻き起こした立役者「ぺんぎん食堂」

当時は沖縄に行く友人やお客様に頼んで買ってきてもらったものでした。

本当に手に入らず。。。

でもここの「ラー油」がきっかけであらゆる大手メーカーが「食べるラー油」を発売したんですよね。

今回の石垣島の旅で真っ先に「行きたい!」と思ったのがやはりここでした。
f0312238_22044365.jpg
「ぺんぎん食堂」=「辺銀食堂」←オーナーご夫妻の名字ですが、このご苗字は日本にただ一つだけだそうで・・・
f0312238_22074110.jpg
f0312238_22085118.jpg
席に着くと~テーブルに堂々と鎮座していましたよ~
f0312238_22083353.jpg
ラー油たちが!(ごめんなさい!写真ブレブレです!)
f0312238_22081589.jpg
他のお店ではメニューに載っていても切らして飲めなかった「石垣島地ビール」もちゃんとありました!さすがです。
f0312238_22090777.jpg
当然ですが、ラー油を楽しむには餃子ですね。

ただ、水餃子のみでした。(私たちの好みは焼き餃子・・・)
f0312238_22092468.jpg
そして、「麻婆豆腐」。。。どれだけ辛い物好きな夫婦なんだか(笑)

麻婆豆腐、美味しかったです。

でも何より勉強になったのはこの器使い♪

これ、ソーキそばのおどんぶり&取り皿はご飯茶わんです。

ほとんど同じ絵付けのおどんぶりとお茶碗とお皿が家にあります!

やったぁ~~!

今度、麻婆豆腐を作った時に真似してみよう~~♪

辺銀食堂、さすが混んでいて。

この日は竹富島の後だったんですが、竹富で会った人とも一緒になりました。

今後、番外編として石垣島のお洒落で美味しいお店をご紹介していく予定です。

ちょっと不定期ですが、どうぞお付き合いくださいませ~!





[PR]
by konnbuyaokami | 2014-06-08 22:31 | Comments(0)

北海道を代表する山

昨年から月に何度か函館~札幌を往復してその道中の四季を楽しみました。

時には海岸線を走り、時には湖側を抜けたりと・・・

でもやっぱり一番多かったのはこの山の麓を抜けての道。

f0312238_00201392.jpg
「蝦夷富士」と呼ばれる「羊蹄山」

これは3月末の函館から札幌方面に向かっての写真です。

四季を通して見た一番綺麗な光景でした。

春に向かいつつある真っ青な空にそびえ立つその姿は圧巻です。

f0312238_00205825.jpg
次に見るときはまた、かなりその姿も変わっていることでしょう。


はこだて藻藻屋 女将miho

[PR]
by konnbuyaokami | 2014-04-17 00:29 | Comments(0)
いつも通っていて見ているんですが。

こ~んな素敵な山だったとは!!

f0312238_22553582.jpg
かっこ良くないですか~~~?
f0312238_22561164.jpg
森方面から函館へ向かう途中から撮りました。

ただ、これが。。。

駒ケ岳を過ぎて裏側を見るとかっこ悪いんですよねぇ~

見る角度によって山にも顔があるってことですね。

富士山もそうだと。。。

この駒ケ岳、死んだ祖母から「噴火したときのこと」をよく聞かされました。

函館まで灰や石が飛んできたそう。。。

現在は数年前の小噴火によってガス抜きがされ、しばらくは大噴火の心配はないとのことです。

しかし。。なぜ。。?

羊蹄山の麓の国道等にはちゃんとした「ビュースポット」があり、車止めがあり

素晴らしい景色がドライブ中に写真撮影できたり。。眺めたりできるのに。。

この周辺にはそういったスポットがないのかなぁ~

もったいないよね。。。

[PR]
by konnbuyaokami | 2014-03-08 23:15 | Comments(0)
先日、函館から札幌へ戻る途中で温泉旅館に一泊しました。

洞爺湖温泉にあるペットOKの温泉旅館です。

私たちは夫婦ともども自営業で仕事のベースが自宅です。

家の中でそれぞれに仕事をしたり常に仕事の事を考えている環境にあります。

自由に時間を使えるというのも利点ではありますが、別な意味24時間仕事をしているという環境でもあります。

実際、夫は朝の5時半頃から起きて朝一番の仕事のチェックをしています。

忙しいときはそのままずっと起きているなんてことも。。。

私は私で、札幌在住時はサロンの施術。

新しい技術の開発や情報収集など。

自分の仕事がない函館在住時には微力ながらも夫の仕事の手伝いをしています。

そんな私たちの楽しみが旅行です。

リフレッシュと主に頭の切り替えでしょうか。

いつも思うのは「経営脳」を鍛えるためには、飴と鞭が必要(笑)

で、今回は主人からのご褒美の飴をいただきました~~!

結局のところ宿に入ってすぐパソコンをつなぎ、それぞれPCにむかって仕事。

でもその後の温泉は函館のと札幌近郊でよく行く温泉とは全く違ったいい温泉で。。。

ゆる~く、まった~りと浸かっていられ。。。

うん!いい~アイディアが!!!

こちらの温泉、源泉33℃とかなり低めです。

でもお湯に適度なぬめりがあって肌がしっとり、ゆっくり入ると汗がじわ~~っと出てきます。

あ、ちゃんと加温して適温ですのでご安心を。。。
お食事はこんな感じ
f0312238_19582886.jpg
ふきの煮付けやゴマ豆腐、イカのマリネ、サーモンとエビのお刺身など小さい小鉢が数種類。

メインは。。。
f0312238_19584903.jpg
豚肉の陶板焼き。。もやしがいっぱいでした。

朝ごはんがとても美味しく感じられました。
f0312238_19591038.jpg
夫は「お米が美味しい」とご飯3杯もおかわりです(笑)

私はお風呂後だったので朝ビール。。。

朝食後、またお風呂に入ってチェックアウトギリギリまでのんびりして帰札しました。

ここの旅館、犬連れOKだしかなり気に入りました。

宿に入ってから一切の干渉もなく(なのでサービスもありませんが)

部屋に入ってから自由にのんびり出来ます。

だからこそ、こちらも最大限のルールは守りたいと思います。

タオは食事で部屋を留守にしている間も吠えずにお利口さんでした。

今度のお泊りの時は夕食なしにしてお部屋でタオとも一緒にご飯にするプランで申し込もうかな。

常宿にしたい旅館でした。





[PR]
by konnbuyaokami | 2014-02-08 20:19 | Comments(0)

沖縄旅行最終章

やっとやっと沖縄旅行の完結編です。。。

前日の悪夢のような船酔いから解放された翌日は、夫からのプレゼントのスパとエステ。

実はこの沖縄旅行。。私の12月24日のバースデープレゼントだったのです♪

そしてさらにプレゼントにオプションを付けてくれまして。。。

久米島挙げての一押しとも言うべきなのでしょうか。。。

海洋深層水のスパ「バーデンハウス久米島」でスパとエステをさらにプレゼントしてくれました。

多分、日本でも海洋深層水を使ったスパってここと。。。あとは伊勢の「タラサ志摩」くらいではないでしょうか。

f0312238_23244247.jpg
中は規制があって撮影できませんでしたが。。。

海洋深層水のプールは男女混合で水着着用はもちろんですが、本当に心地の良い温度で舐めるとかなりしょっぱかったです。

最初は体を慣らすため順番があって1~順に1分づつ回っていきます。

1.首に打たせ湯
2・肩に打たせ湯
3.背中に打たせ湯

まぁ、その後腰~足~などと1分づつ順番に移動してあとはいかようにも好きにしていいという仕組み。

初心者は1時間ほど体験しただけで後は心地よい眠りに陥るのではないでしょうか。。。

私も1時間ほどスパを楽しみ、軽く食事をしてから予約してあったトリートメント(エステ)に向かいました。

トリートメントルーム兼サウナは別棟にあります。

いちいち服に着替えて行かなければならないのが不便かつ不可思議でもありました。。。

ただ、トリートメントを受ける人はサウナ(ジャグジー風呂もあり)が無料で利用できます。

海洋深層水のスパで存分に楽しめるので、こちらのサウナをわざわざ高いお金を払って利用する人はなく。。。

エステ利用の人のほとんど貸切状態みたいで、他に誰もいませんでした。

f0312238_23251430.jpg
サウナとジャグジーを満喫した後は待望のエステ。

全身60分フェイシャル60分の120分〆て18000円也。

高いね。。。高いよね。。。高いよなぁ~~~。。。

でも、まぁ、リゾートですからね。ね。ね。

それに。。今回は主人からのプレゼントだし。だし。だし。だしぃぃ~~~!

それで結果の施術はどうだったのかといいますとぉ~。。。

寝ちゃいました。私、普段は研究すべき心が先走り寝ないのですが。。ここでは寝ちゃいました。

で?プロから言わせてもらいますと、寝たから気持ちがいいとかお上手とかってないのです。

寝たのは先に入った海洋深層水のスパのせいだと思うのは間違いないのすが。。。

エステシャン歴数十年経ち目から鱗の体験をいたしました。

リゾートのエステって例えば頻繁に通う街中のエステに求めるような「結果」っていらないんですねぇ。

だって、リゾート地に来てまで「シミがぁ。」とか「シワがぁ。」とか言う人っていませんもんね。

そういう人は普段の生活でケアをしてますもの。

ちゃんと普段エステにも通っているでしょうから。

リゾートにはリゾートでこそ楽しめる・味わえる・癒される・そんな施術が必要なんでしょうね。

改めて学びになりました。


私の担当してくださったセラピストさんは東京から久米島にお嫁に来て10年ほどのセラピスト経験者。

施術終了後、実は同業者ですと伝えると。。。ご自身も独立を目指しているとのこと。

この島を訪れる方々を癒して差し上げて欲しいなぁ~、そう心から思いました!

f0312238_23254130.jpg
私のスパとエステを終え、迎えに来てくれた主人と共に町の居酒屋に寄りホテルに帰りました。

昼過ぎに那覇に戻り、主人の行きつけの焼き鳥屋さん「2万8千石」で美味しい焼き鳥をいただき

栄町市場で究極の餃子を食べ、呑み、さんざん楽しんで沖縄最後の夜を過ごしたのでした。

翌日は一人「DFS」にてお買い物。

その後はまた関空に入り、心配されていた雪の影響もなく無事札幌に帰って来たのでありました。。。

ここまで読んでくださってありがとうございます。

ただつらづらと自分の体験だけ書いておりますが。。。

もし何か知りたいことなどありましたらご質問くださいね。

偉そうなことは言えるはずもなく、自分の知っていること体験したことだけはお伝えいたしますのでwww

ひゃ~~~これで沖縄旅行ネタやっと終われそうです♪

他にもた~くさん、ネタ写真がたまっていますので。。。お楽しみに~!



[PR]
by konnbuyaokami | 2013-12-28 00:31 | Comments(0)
久米島は日本でも有数の車海老の産地であるそうです。

そしてラッキーなことに今が旬!なのでした。

よって私たちはプリップリの車海老を堪能することができたのです♪

f0312238_00385261.jpg
車海老のマリネ

f0312238_00381399.jpg
車海老のグリル ↑ みかんのように見えるのはシークワァーサー、これをかけていただきます。フレッシュです!

マリネの生の海老もコリコリして、馴染みのある甘海老とは違う食感です。

焼いたものは皮もパリパリ。やはりちょっと食感に特徴がある感じでした。

ただ、正直に言うと。。。

久米島ですっごく美味しかった物という出会いはなく。

お食事に特徴があるという印象はありませんでした。

そして、もちろん私たちですので。。。

食べられない物というのもなく、その土地での物をきちんといただいてきました。

明日(多分)は最終章。

「バーデンハウス久米島」体験記です!お楽しみに~~~♪


[PR]
by konnbuyaokami | 2013-12-27 00:50 | Comments(0)
ホテルの朝食バイキングはネットでの前評判通り質もお味も良い物でありました。

しかし、今となっては海の藻屑。。。← まさに言葉通り。。。

何を食べたのか、どんな味だったかさえ思い出したくもありません。。(ホテルじゃない、自分のせいです)

普段の生活ではありえないほどお腹を満たした私たちはフェリーターミナルでビールを買い込み意気揚々と船内へ。

大型スクリーンのある真ん前に座り、いざ!久米島へ~~~!!

ボォ~~~っと出航~!

ビア、プシュ!プハァ~~!楽しい3時間半になりそう~♪

あれ、あれれ。。。かなり船が揺れてきた。。。

彼が私に「大丈夫?」と聞いてきました。。。「不安な暗示にかけないで。」そう答えました。

そのうちあくびが出始め、テレビ画面もまともに見ていることが困難に。

これは横になった方が良いと思い隣のシートにもたれ掛かるも。。。MAX!!

そこにまた話しかけてくる主人。

答えることもままならず足で前シートをバンバンと蹴って答えるしか術がなく。(だって、うるさいんだもの)

そのうち横になっていることも出来ずトイレに駆け込み。。。後はご想像にお任せいたします。

その酷さに夫は帰りのフェリーを急きょ、飛行機に変えてくれました。。。

でもでも、死ぬ思いでたどり着いた久米島は私たちを存分に癒してくれました!

f0312238_23534731.jpg
f0312238_23543431.jpg
残念ながら久米島含め沖縄滞在中は曇りの日がほとんど。

日が照ってないぶん気温も低く寒かったのですが、お天気ならばどんなにこの海は綺麗だろう。。。

そう想像するのもまた楽しく、次に来る機会にも繋がったような気がするのです。

後日、この旅行記は日本で珍しい「海洋深層水のスパとエステ」と「車海老」の体験で終了の予定なので。。。

今日の最後は私が感じた久米島の方についてちょっと感じたことを。

島の印象そのもの、人も大人しく穏やかな印象でした。

あまり大きな声は出さずに静かに小さな声で話す。。。そんなイメージを受けました。

あ、そうそう!信号も島内には2機か3機しかなくって。

それは別に交通安全のためではなく、いずれ島から出て行く子供たちの学習のためだそうです。

こういう所で暮らしたら、服もお化粧品もすべての物欲もなく生きられるのだろうか??

本気でそう考えさせられたのでした。。。

つづく

[PR]
by konnbuyaokami | 2013-12-27 00:11 | Comments(0)

都会で30年のバリキャリ独身生活から一転50歳目前でまさかの結婚。夫の家業の昆布通信販売を手伝いながら現役エステシャンとしても活動。昨年「化粧品検定1級」取得いたしました。美容と健康につながる料理を研究しながら海辺の家で夫、犬2匹との生活。そんな日常やお仕事のことを綴ります。


by miho
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31