カテゴリは「居酒屋」になるかどうかは??ですが。。。

先日、通るたびに気になっていた1軒のお店を訪ねてみました。

漁火通り沿いにある、、、けど、、、「どこから入るの?」的なまさに「隠れ家」的お店。

名前もズバリ!「secretobase~シークレットベース~」さん。

マスターがお一人で切り盛りされています。

小さなお店ですが、窓が海辺に面していてこ~んな景色が眺められますよ~~~!

f0312238_15570706.jpg
お料理も?函館の某大型居酒屋にいらした経験などもあり、何をいただいても美味しかったです!
f0312238_15572710.jpg
これはお通し。

f0312238_15574958.jpg
この「海鮮カルパッチョ」もお味もいいのはもちろんですが、男の人の料理なの?と思うくらい丁寧で繊細。

そして!今までいただいた中でも3本の指に入るであろう。。。これ!↓
f0312238_15581846.jpg
「海鮮グラタン」これは絶品です♪

もしかしたら。。。私の中でのグラタン・ドリア部門1位か~~~???ってくらい。

お酒を飲むとなるとなかなか行きにくい場所ではありますが。。。

漁火の綺麗な時期にぜひおススメの1軒です♪


「secretbase」

[PR]
# by konnbuyaokami | 2013-12-05 16:31 | Comments(0)

牡蠣飯

とても久しぶりの更新になってしまいました。

更新してない間も訪問してくださった皆様、ありがとうございます。

現在、札幌ベースにて独身生活です。

先週末、札幌へ来ていた主人が風邪でダウンしそれをもらったのか今度は私が少し調子が↓気味です。

前回の函館ベースでの日々撮りためた写真などアップしきれてないものがた~くさんあり。。。

美味しいお店にもいっぱい行きましたのでぜひ、みなさんにもご紹介したいから。。。

頑張って更新していきますね~!

今日はお外ご飯ではなく、お家ご飯のご紹介です。

私が前回の函館で腕を壊し出かけられなかった日、夫が市場に買い物に行ってくれました。

お目当ては「きんき」だったんですけど。。。

思いがけず安く売っていたと、牡蠣も買って来てくれました。

f0312238_17015011.jpg
それで迷わず「牡蠣飯」を土鍋で炊くことにしました。

まず、牡蠣を軽く水で洗います。

しょう油、みりん、お酒、砂糖で牡蠣をふっくらと煮ます。
(たれを沸騰させた中に入れてしまうと牡蠣が硬くなってしまうので沸騰する前に牡蠣を入れる)

お鍋もしくは電気釜に洗ったお米を入れ牡蠣を取り出した↑のだし汁を入れ、細切り昆布も入れ
普通にご飯を炊く量の水加減にし炊き始めます。

炊き上がったら細切りにした生姜(お好みで)、取り出してあった牡蠣をご飯の上に載せ蓋をして蒸らす。

蒸らして食べるとき、ご飯を混ぜ込むときに牡蠣が潰れてしまわないように気を付けてくださいね♪

ちょっとこわいなぁ~という方はまた牡蠣だけ取り出しご飯を混ぜてください。

そしてご飯を盛りつけたあとで牡蠣を飾ればビジュアル的にもキレイです(笑)

f0312238_17163856.jpg
はい!このとおり!

今は電気釜も素晴らしくなっていますが。。。

こういうご飯の時は土鍋で炊くとおこげが美味しくて楽しみですね~♪

そして刻み昆布を入れると・・・?

なかなか取りずらいと言われる昆布も手軽に取り入れることが出来ます。

良いお出汁にもなりますね!

もちろん細切りなので牡蠣の味の邪魔もしませんよ。

どうぞお試しください~



[PR]
# by konnbuyaokami | 2013-12-04 17:38 | Comments(0)
ブログの更新が出来ずにいました。

右肩の亜脱臼により珍しく大人しく過ごしていました~。

原因不明ですが。。。とにかく痛かったぁ!!

今日になってやっと普通に腕が動かせるようになってこのようにキーボードも打てるようになりました。

季節の変わり目には体の不調が出やすくなりますよね。。。

皆さんもどうぞお気をつけてお過ごしください!


さて~今日はとっても美味しい「鮭の入らない鮭茶漬け」をご紹介します!

使う材料はこれだけ!
f0312238_17443886.jpg
「鮭節の粉末」と「鮭節」です!

最近すっごく話題になっていますよね?「鮭節」

昨年でしたでしょうか。。。テレビで放映されたのを見てとても感動したのを覚えています。

その内容についてはいずれまたお話しさせていただく機会があると思いますが。。。

その時はまだ本業のエステ1本だったので、今こうしてその鮭節を使ってお仕事しているのが不思議です(笑)

食欲がない時にサラサラっと。

飲んだ後の〆や、これからの季節は受験生のお夜食にもおススメの一品です!

~鮭の入らない鮭茶漬け~

*ご飯を小どんぶりに軽く1杯用意しておく。
(ご飯はお好みで冷たくても、あたたかくてもok)

*お鍋に200~300ccのお湯を沸かし、沸騰したら鮭の粉末小さじ1、みりん大さじ1、しょう油大さじ1を入れる。

*ご飯の入った器に注いで、最後に鮭節を一つまみ~好きなだけトッピング。

ワサビなどお好みの薬味で召し上がれ~~~!!!

「鮭節」が気になる方!はこだて藻藻屋で取り扱っています!

f0312238_17450888.jpg
今日からまた北海道は寒くなりそうです。

腕の脱臼により札幌に戻るのが五日ほど遅くなってしまいましたが。。。

明日はお客様が待っている札幌へ戻ります。




[PR]
# by konnbuyaokami | 2013-11-20 18:21 | Comments(0)
今の時期、函館の海岸通りを走ると漁火が綺麗に見えます。

イカ漁最盛期なんですね~

函館では朝イカと言って朝からイカのお刺身をいただく習慣があります。

その日あがった新鮮なイカをお刺身にするんです。

なので私はずっとイカのお刺身って「透明でコリコリ」っとしているもの!!

そう思っていたのでした。。。

札幌に出た当初イカのお刺身を頼んで驚いたのを今でもはっきり覚えています。

白くってコリコリしてない。。。

しばらくイカのお刺身が食べられませんでした。。。

今年になって函館に来るようになってからまたあのコリコリっとしたイカが食べられるのが嬉しかったぁ!

「捨てるところがない」と言われるイカですが

こちらのスーパーでは「イカげそ」がとっても安く売られています。

先日は1パックに5杯ぶんのげそが入ってな~~~んと!100円!!!

今回はこのげそを使って「イカメンチ」を作りました。

f0312238_19494690.jpg
材料:イカげそ5杯分、玉ねぎ3分の1かけ、青のり大匙1、小麦粉、顆粒だし、天ぷら粉
作り方:イカげそを細かく切り、玉ねぎも大きめのみじん切りにして合わせて小麦粉少量をふるう。
    天ぷら粉を水で溶き顆粒だし小さじ1、青のり大匙1を混ぜ合わせる。
    イカと玉ねぎを天ぷら粉と合わせ適温の油で揚げる。

私は、小麦粉とお水、牛乳少量を合わせて天ぷら種を作りましたが

ここでは簡単に作れるよう、市販の天ぷら粉を使用したバージョンをご紹介しました。

味の決め手は「顆粒だし」と「青のり」です!!!

f0312238_19512864.jpg
乾燥した青のりを使っているのはよく見かけますが。。。

今回使用したのはこちらの「生タイプ」の青のりです。

乾燥の物とは風味が全く違いますよ~~~!

イカとの相性もバッチリ!

はこだて藻藻屋で取り扱ってま~す。

ぜひ、お試しください♪





[PR]
# by konnbuyaokami | 2013-11-14 20:43 | Comments(0)

函館の老舗居酒屋

呑兵衛の夫婦は家飲みはもちろんですが外飲みも大好きです!

そんな二人がよく行くのはレストランより居酒屋。

函館、札幌と月のうち半分づつ行き来してるのでその両方にお気に入りのお店があります。

タパスをつまめるバルや外国のビールが飲めるアイリッシュパブも好きですが

二人一致して「ここ落ち着くねぇ~」となるのは

古いひなびたカンジの居酒屋。。。昭和チックな。。。

そして函館にはそんな居酒屋がたくさんあります。

今日はそんな函館からお気に入りの1軒をご紹介します!


f0312238_16093216.jpg
昭和28年創業の函館の老舗「煉瓦亭」さん。

炉端焼きのお店です。

新鮮なお刺身はもちろん、女性に嬉しい蟹グラタンなどメニューも豊富です。

この日私たちがいただいたのは。。。

f0312238_15572093.jpg
                             たちぽん
         
                   すっごく新鮮でプリップリ!トロ~~~ン♪

実は私、唯一食べられないものがこの「たち」なんですよね~。

その美味しさがわからないというか。。。

以前から夫に「お前がたちが食べられないのはおかしい。いつか旨いのを食べさせてやる!」

そう言われていたんですが。。。

出会いました!食べられました!プリップリトロ~ンがわかりました!

ただ、自分でオーダーするかわかりませんが(笑)

f0312238_15562788.jpg
                      「エゾシカのたたき」(自家製味噌)
      
               このたたきは作り置きではなくオーダー後炭火であぶってから切ってくれます。

エゾシカのたたき本当に美味しかったです!!

はい!そしてここの「鹿肉」は、はこだて藻藻屋のお肉を扱っていただいています!!

↑さりげなく宣伝!!!(笑)

f0312238_15564721.jpg
                      お酒は「玉の光のしばれ酒」

しばれ酒はお酒を飲んでる感覚がなく、すこぶる危険です!!

おすすめだけど覚悟してお飲みくださいね♪

今の女将さんに代替わりしてから30年だそうです。

味、お店の雰囲気、女将さんのおもてなし、自分たちが楽しめるのももちろんですが

道外から来た友人などを連れて行っても喜ばれると思います。

しかしここでとっても残念なお知らせが。。。

昭和28年から続いたこの「煉瓦亭」さん

今年の12月20日でその歴史に幕を閉じることにしたそうです。

あと1か月ちょっと。

気になる方はぜひ足をお運びになって昭和ノスタルジーを味わってみては?



[PR]
# by konnbuyaokami | 2013-11-13 16:41 | Comments(0)

都会で30年のバリキャリ独身生活から一転50歳目前でまさかの結婚。夫の家業の昆布通信販売を手伝いながら現役エステシャンとしても活動。昨年「化粧品検定1級」取得いたしました。美容と健康につながる料理を研究しながら海辺の家で夫、犬2匹との生活。そんな日常やお仕事のことを綴ります。


by miho
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30