<   2014年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

寒いです。

来週はこの冬一番の冷え込む週になるそうです。。。

とは言っても、夕方は日が長くなったのを感じます。

確実に春は近づいていますね!

ポジティブに寒さを乗り越えて行きたいところです。

さて、画像データを見て。。ガビィーン!!

昨年秋頃からの撮りためた写真がたくさんありました。

主に外食した時のものが多いのですが、どこも美味しかったり、素敵なお店なのでご紹介させていただきます。



数年ぶりに函館へ戻って来て驚くことがイロイロとあるのですが。

その一つに「お蕎麦が安い!」ということです。

主人が札幌でお蕎麦屋さんに行くたびに「納得できん」と言っていたのも頷けます。

どのように安いかと言えば。。。たとえば、ざるそばやかけそばが500円以下というお店が多いです。

さらに!函館は「大盛」の文化があるらしく(?)

普通に頼んでも「それ、大もりじゃん!」っていうくらい盛られたお蕎麦が出てくるお店が人気です。

正直、札幌のちょっと上品なお蕎麦に慣れてしまった私にはう~~ん。。。でしたが。。。

そんな中、素敵なお蕎麦屋さんに出会いました。




 天満つさんのレポートです!ぜひご覧ください!!
[PR]
by konnbuyaokami | 2014-01-29 17:34 | Comments(0)
だ~い好きなとろろいも。。。

北海道では「長芋」といいます。

本州では「大和芋」と言うのでしょうか?

自然薯なんていうのもあるようですが。。。私はとにかくこのとろりんねば~が大好きです!

お蕎麦もとろろ蕎麦が好き。

今回は「はこだて藻藻屋」が精魂込めて開発・製造いたしました自信をもってお薦めする。。。

「がごめ粉末」「がごめ粗挽き」サブネーミング「粘り過ぎてイヤ~ン」のご紹介を動画にて。

「ねっばねばとろ~んのがごめ粉末のレシピ」   ← ぜひご覧ください!

もちろん、ご飯にかけてもよし!

お好みのポン酢を混ぜてそのまま食してもよし!

こちらでも次々開発したメニューをアップしていく予定です♪

とにかく、便秘がちな女性の方は一度お試しください。

一日一度のお食事に加えるだけで数週間後には自然なお通じになるというご報告を多々いただいております。

お薬いらずで自然なお通じ目指しましょ!


はこだて藻藻屋 女将

[PR]
by konnbuyaokami | 2014-01-25 20:04 | Comments(0)
今日はお家でも簡単に作れる「パエリア」をご紹介します!

パエリアってお店でないと食べられない、お家で作るのは難しい。。。そう思われている方も多いのでは?

でも実は結構カンタンなんです!

パエリアにつき物の「サフラン」、これもちょっとお値段高めの割に使用頻度は少なく無駄な感じですよね~。

なので、私はサフランの代わりに「ターメリック(ウコン)」を使って作ります!

パエリアパンも必要ありません!

フライパンでOKです~♪

具材はお好きなもので。

私は魚介系が好きです。

海老ちゃんは欠かせません。

夫はムール貝を外せないと言いますので、我が家のメインはこの2種類。

それに玉ねぎ、彩にパプリカ、味の決め手のにんにく。

調味料は塩・コショウ・コンソメ・ターメリック・白ワイン(なくても可)

これさえあれば出来ちゃいます。
f0312238_20215253.jpg
私の作り方をご紹介!

まず、オリーブオイルを入れて熱した鍋で海老を軽く焼きつけて旨みを出します。

海老を取だし、鍋は拭かずにさらにオリーブオイルを大匙3ほど入れ、にんにく・玉ねぎを入れさっと炒める。

香りがたってきたら洗ってない米を入れ米が透明になるまで炒める。
f0312238_20210291.jpg
塩・胡椒・ターメリックを加えさらに炒める。

全体に調味料がわたったところにひたひたになるくらいの水を加える。

先ほど焼いた海老、ムール貝、あらみじんに切ったパプリカ、コンソメ(適宜)を入れ蓋をして煮詰める。

本来はフライパンの蓋はしないようですが・・・私は蓋をします。

水がほとんどなくなりかけた頃合いをみて味見。。というか米の硬さをみてください。

米がまだ硬すぎる時は水を少し足しながら様子をみます。

ただ、パエリアは硬めが売りですので。。。ここはカンとセンスですね。

ちょっと硬すぎ、お米の芯が残るか残らないくらいで火を止め少しだけ蒸らします。(5分ほど)

火を止める前に一度目いっぱいの強火にしてガーっと2~3秒くらいします。

火加減がコツでしょうか。。。中弱火くらいでやるのがいいと思います。

最初は使い慣れてクセのわかっているフライパンで挑戦してみては?

f0312238_20202853.jpg
はい!出来上がり~~~!!

仕上げに、あればパセリのみじん切りをトッピング。

本格的にしたければレモンのくし切りを添えて召し上がれ~~~♡


はこだて藻藻屋 女将

[PR]
by konnbuyaokami | 2014-01-22 21:06 | Comments(0)

魅惑のカレー&ナン対決

たとえば。。。テレビで特集をやっているとして。

見ていてどーしてもたまらなく食べたくなるのって。。。

ラーメンとカレーじゃないですか??

ダイレクトに匂いやイメージが伝わってきて「我慢できない!」ってなるのは、この二つでしょう。

お蕎麦やお寿司の特集を見ていても、どんなに美味しそうでも「今、行こう。今、食べたい!!」とはなりません。

札幌ではスープカレーが20年ほど前から名物になっています。

有名店も多々ありますが。。。

温泉で有名な定山渓の「豊平峡温泉」のインド人が作る本場のインドカレーとナンは、ことのほか人気です。

10数年前はじめて食べて感激したことを今でも忘れません。

今回久々に行ってきました。
f0312238_01000885.jpg
うきうきわくわくで、夫にも「最高だよ~~」と威張り顔で行ったんですが。。。

あんなに美味しいと思っていたナンの味はそれほどでもなく、カレーもまたしかり。

実は去年出来た函館のネパール人のカレー屋さんに行きまして。

美味しかったんですけど、、「豊平峡のナンもカレーもこれより美味しいよ。」と言っていたのですが。。。

函館のネパールカレーの方が美味しかったです。

f0312238_01003177.jpg
スパイシーで二日酔いの日には最高なのではないでしょうか?

夫はちょうど二日酔いで汗だくで食しその後「すっきりした~」と言っていました。。。


f0312238_01011212.jpg
それにこちらはお値段もとってもお安く、その上「いいんですか・・・?」のナンもご飯もおかわりOK。

そして感激したのが、片手の使えない彼のために私がナンをちぎっていたら。。。?

お店の人がナンのおかわりの時に「よかったら切ってきますか?」と言ってくださったこと。

観光や出張で函館に来る方はどーしても「海鮮」とか「お寿司」とか、あとは「ラッキーピエロ」「五島軒」に走りやすいですけど。

こんな楽しみもいかがでしょうか~~?

「ラーニキッチン」おすすめですよ!

そして何気に不可思議なのが、、、なんでインドやネパールとかのカレー食器はアルミ製なんでしょうか?

[PR]
by konnbuyaokami | 2014-01-21 01:33 | Comments(0)
お魚屋さんに出掛けると、いい「たら」が出回っていますね。

淡泊なお味だからこその楽しみがあります。

鍋にしてもどんなお味にしても合わないことはありません。

今日はちょっと洋風に、それでいてさっぱりといただける1品をご紹介します!

f0312238_00010880.jpg
~作り方~
*たらは軽く塩コショウしておく。
*塩コショウしたタラに小麦粉をまぶす。
*熱したフライパンに油を回し魚を焼き始める。
*魚は両面火が通って焼けたら更に取り出す。
*魚を焼いた後の鍋に小さじ1のバターと少量のブランデー、オレンジ半個分の果汁を入れ煮詰める。
*お魚のお皿にソースと細かくちぎったパセリを添えて。

はじめて作りましたが、本当に美味しかったです!

それに超簡単!

おもてなしの一品にどうぞ~♪

[PR]
by konnbuyaokami | 2014-01-20 19:46 | Comments(0)
今日は「大寒」ですね。

今日から2月の初めが1年で一番寒さが厳しい時期と言われています。

テレビでは北海道の寒さがどんなに凄いかを連日放送していますが。。。

今は建物も丈夫に作られているし、部屋の中を暖かくして過ごすのでテレビを見るたび大げさな。。と思わずにいられません。

実際、夜などはパジャマにカーディガンを羽織って過ごしたりするのがこちら。

家に入ったら冬でも裸足と言う人も多いんです。

かくゆう私も真冬だってビールをやめることはありません!(笑)

でも、やっぱり体は芯から温めたいもの。

普段から大好きな温泉ですが、この時期は行く回数がうんと増えます。

一度に入る時間もうんと長くなります。

そんな温泉好きな私ですが、道央中心に回ることが多く、昨年の結婚を機に久しぶりに道南の温泉に入るようになりました。

そして改めて道南方面の温泉の良さに感激しました。

今年からは道内のおススメ温泉のご紹介もちょこちょこっとしていきたいと思います。

今日は先週はじめて行った、北斗市にある「せせらぎ温泉」のご紹介。

函館のお隣の町で北海道新幹線開業の町です。

以前から「いいお湯だ」とは聞いていたのですが。。。

今までにはないようなお湯でした。

洗い場も広々しているし、浴槽も大きく数もあります。

露天風呂は扉を開けてからお風呂に入るまで2~3歩(笑)

寒い時にはありがたい。

だいたいは露天のお風呂に入るまで震えながら走りますから。

お湯は私が今まで体験した、白でも黒でも赤でも透明でもない。。「煎茶」のような薄緑っぽい色。

ほんの少しとろみがあるような、柔らかい肌触りのよいお湯でした。

お湯の成分や施設の詳しくはこちらを → 

f0312238_19360544.jpg

[PR]
by konnbuyaokami | 2014-01-20 19:36 | Comments(0)
お酒呑みなので、あまり甘い物を好んで食べません。

食べないのに作るのが好き!

友人へのプレゼントや、持ち寄りのパーティーの時などによく作ります。

今回は夫父が好きなサツマイモをより美味しく食べてもらおうと。。。

大人好みのあまり甘くないスィートポテトを作りました~
f0312238_23121797.jpg
計量しなくていいので超簡単です!

~作り方~
*サツマイモを一口大にカットして柔らかくなるまでゆで、水分を飛ばす。
*温かいうちにお好みの甘さになる様、砂糖を加えながらマッシュする。
*卵1と生クリーム(お好みで牛乳でも)をサツマイモがもったりするくらいまで練る。
私は生クリーム100ccくらいに生卵を合わせたものを入れます。(サツマイモ大の場合)
モッタリ感がコツなので少しずつ入れながら様子をみます。

お好みでブランデーを少量入れたり、バニラエッセンス、シナモンなど入れてもok

*あとは容器に入れ表面に卵黄を塗って200~250度くらいのオーブンで表面に焦げ目がつくまで焼くだけ。

一晩くらい寝かせた方がどっしりとして美味しくなります。

サツマイモって甘くて美味しいだけでなく栄養価も優秀です。

ビタミンcとカルシウムが豊富で、ビタミンcはなんと夏みかんと同じくらいだそうです!

食物繊維が多いことは皆さんご存知でしょう。。。

便秘がちな方には味方ですね(笑)

旬は9~11月で、今時期以降に出回るのは貯蔵物だそうです。

鮮度はもちろん少し落ちるのですがその分水分が抜け、糖度が増す分、甘く美味しくなるのだそう。

私は、今の時期ならシチューや豚汁のじゃがいもの代わりにサツマイモを使います。

あと、サツマイモとりんごのサラダ。。。これも最高!

あ、そうそう。焼き芋にバターやマーガリンを塗る食べ方は胸やけ防止に効果があるんですって!

私はこの食べ方が大好きなんですけど・・・理にかなっていたんですね~

さて、今日からまた札幌に戻りました。

しばらくは札幌ベースでの暮らしになります。

本業ももちろん頑張りながら、お料理の開発も頑張っていこうと思います。


はこだて藻藻屋 女将




[PR]
by konnbuyaokami | 2014-01-17 23:47 | Comments(0)
昨年12月、初めて大阪に行きまして。。。

その魅力にすっかり引き込まれた私ですが。

大阪の魅力は何と言ってもやはり「食」でした。

そして、それはお好み焼きでもたこ焼きでもなく。。。「煮込み」とか「どて焼き」

メインに使われているのは「ほーるもん」の牛筋とかモツとか。

千日前の立ち飲みで食べたそれはたった300円くらいなのに忘れられない美味しさなのでした。

旅行直前にも函館の老舗の居酒屋でちょっとお値段高めの煮込みをいただきました。

こちらもお値段相当に美味しくはありましたが、牛すじを高級品にするテクもまた見習いたいものです。

今回は高級ではない方のそれを熱望する夫のために、「牛すじの煮込み」を初挑戦いたしました。

今回も誰に教わるでもなく、今まで各居酒屋や大阪などで食べた経験と勘を生かして自分なりに試行錯誤。
f0312238_01074263.jpg
さすがに食べたがっていただけあって主人が、札幌市内の超マニアックなお肉屋さんから牛筋を仕入れました。

でも、話に聴くより灰汁が出ないのは物が良いせいなのでは?

いったん茹でこぼしてからお水で灰汁などを洗います。

そして、お好みのお野菜などと圧力鍋へ。
f0312238_01115229.jpg
今回用意したのは、ごぼう、だいこん、人参、こんにゃく、臭み取りの生姜と長ネギの青いとこ。

f0312238_01111057.jpg
圧力鍋にかけ終わったら最終の調味をしてしばらくとろ火にかけて煮込み続けます。

ざっとですが、参考までに私の味付けは。。。
お酒、みりん、醤油、味噌、砂糖、あとはマル秘です(笑)

↑の写真は圧力後すぐですが、これから1時間ほど煮詰めてトロトロになり味も凝縮されたら。。。

f0312238_01123317.jpg
牛すじはもちろん、お野菜たちもやわらか~~~くなって!!

(本当にすいません。。。)居酒屋に行かなくてもいいんじゃないぃぃぃ~~~!!!

そのくらいのお味になりましたぁ!(手前味噌ですが自分でもビックリ!)

さて、この「牛すじ煮込み」ですが。

手前味噌ついでに何が味噌かと申しますと。。やっぱり味噌かな。。。と。

お味噌の種類や配合によって、だいぶ味が変わると思います。

ちなみに私は夫実家の秘伝の味噌を使いました!

呑兵衛の皆さま、牛筋が手に入る機会がありましたらぜひ、お試しください!


はこだて藻藻屋 女将



[PR]
by konnbuyaokami | 2014-01-15 01:38 | Comments(0)
こんばんは~!

日本全国寒波に覆われてるということですが、いかがお過ごしですか?

私たちは今日は札幌~函館に移動日でしたが。。。

途中もの凄い吹雪に見舞われ、今まで体験したことのないホワイトアウトの中。。。

まさに命からがらの移動でした。

北海道では昨年も大雪による痛ましい事故が起きております。

「自分は大丈夫」などの過信はせずいきたいものですね。

まだ心と体の緊張はありますが、ブログを更新しながら緊張を緩めていきたいと思います(笑)

そうそう!昨日の続きです!

豚の角煮は私の得意料理のひとつですが、登場するのは何故かお正月くらい。

大きな寸胴鍋に作ります。

お鍋はストーブの上などに乗せて毎日少しづつ炊きながら味の変化と柔らかくなる過程を楽しみます。

そしてお正月料理にも飽きたころ。。。こ~んな楽しみが待っています!
f0312238_22580737.jpg
角煮のお出汁と鶏ガラスープの素やラーメンスープの素を合わせてスープを作ったラーメン。

もちろんトッピングには角煮と味玉です。

あとはお雑煮の薬味をちょこっと。

友人たちにも好評の自慢の一品をこのお正月に主人がはじめて食べてくれることになりました。

もちろん。。。主人にもお褒めの言葉をもらいましたが。。。

いつもは作っていられません!(笑)

そして、今回のお正月で思いがけず人気だったのが。。。これ。。↓
f0312238_23111279.jpg
茶わん蒸しも何故かお正月くらいにしか作らないんです。。。

でも実際作ってみるとすごく簡単に出来ちゃうんですよね~。

今回、家族に喜ばれたのを機に度々作ろうと決心しました。

ことのほか、夫の父が喜んでくれたので。。。

さて、今日でお正月明けの3連休も終わり、明日から本気モードで日常に戻りますね。

今年1年の大いなる夢や決意をされた方も本格始動ですね。

私もその一人です。

そのうちにそれについても語らせていただきたいと思います。

皆さまの夢と自己実現が叶いますようにお祈り申し上げます!!

はこだて藻藻屋 女将

[PR]
by konnbuyaokami | 2014-01-13 23:39 | Comments(0)

あらためまして。。。

早いものでお正月も終わり、もうすでに12日も経ってしまいました。

改めて年頭のご挨拶と共に今年1年皆様がお健やかに過ごされますようお祈り申し上げます。

遅ればせながら・・・皆さまはどのようなお正月のお料理を楽しまれましたか?

私は恥ずかしながらですが。。。

結婚して初めてのお正月を迎え、主人の家族と過ごしました!

春に結婚してからずっと結婚してはじめてのお正月を家族で過ごすのを楽しみにしていました♪

なぜなら。。。おせち料理を作りたかった(笑)

私、お弁当作りが一番好きなんです(何故か)

でも、今はお弁当を作ることがほとんどなくて。。。

おせちってお弁当に似た感じがあるんですよね~。

箱に彩りよく美味しそうに詰めていく、蓋を開けたときに「わぁ!」って思うあの瞬間。

f0312238_23524436.jpg
今年は主人の実家の重箱(大)と私が新調した物(小)を使いました。

お重の中はこんなカンジに詰めてみました。
f0312238_23532500.jpg
黒豆以外は全部作りました。

f0312238_23545854.jpg
お皿もお正月用の物を用意して。。。

昆布屋の女将になってはじめてのお正月に作った昆布巻きはきっと思い出の一品になるでしょう。

f0312238_23540741.jpg
お正月には・・・というか・・・お正月以外には作らない、私のお正月料理↑「豚の角煮」

3が日火にかけ続け、トロットロになったところを。。。

3が日の〆に更に美味しくいただく楽しみがあります!

それは次回の更新にてご紹介~~~!!

どうぞ、お楽しみに♪

今日も長々とお読みいただき、ありがとうございました。

はこだて藻藻屋 女将

[PR]
by konnbuyaokami | 2014-01-13 00:16 | Comments(0)

都会で30年のバリキャリ独身生活から一転50歳目前でまさかの結婚。夫の家業の昆布通信販売を手伝いながら現役エステシャンとしても活動。昨年「化粧品検定1級」取得いたしました。美容と健康につながる料理を研究しながら海辺の家で夫、犬2匹との生活。そんな日常やお仕事のことを綴ります。


by miho
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31