一周忌

昨年の今日、私にとって悲しい別れがありました。

15年間私と共に暮らした愛犬「バル」が天国に逝ったのです。

友人が「出張に行くから面倒を見てほしい。」と。。。

少しの食糧とペットシーツとケージ、クレートetc、今思えば不自然なくらいな物を置いていなくなりました。

半年以上経った頃、「迎えに来た。かえして欲しい。」と突然現れ言った彼女に私は「かえさない。」と言いました。

その時の彼女のホッとした顔を今でも忘れません。。。

ヨークシャーテリアのちょっと大きめの女の子。

気が強く、でも我儘も言わず手がかからず、そして大胆ないたずらをする子。

要領がいいので怒られることもなく、私をイラつかせることもない不思議な子でした。

ガンと診断されわずか2か月半。

苦しむことなくと願い、最後の時は私の腕の中で。。。

そんな願いもちゃんと叶えてくれた孝行娘。

火葬の時にちょっとしたエピソード(笑い話)をやっと1年経ってお披露目。。。

火葬が終わって係りの人が来て。。。申し訳なさそうに。。。

「すみません。小型犬用の骨壺をご用意してたんですが。。。

わんちゃんの頭の骨が大きくて入らないんですよ。。中型犬の骨壺でもよろしいでしょうか?」

ずっとずっとバルは頭が大きいね。

顔が大きいね~と言っていたのは気のせいじゃなかった!!

最後の最後にも笑わせてくれたバルなのでした!

f0312238_21062743.jpg
顔、大きいよね(笑)

f0312238_21053001.jpg
大好きなツーショット写真です。

死んだあと、私の友人やお店のお客様からたくさんのお花が届きました。

本当に幸せな子だったと思います。

今頃、先住犬だったララとバルをこの上なく可愛がった亡くなった母と楽しく暮らしていると思うと心配はありません。

そしてバルの方が。。私の今の幸せを一番喜んでいてくれているのでしょう。

また会おうね♪



[PR]
by konnbuyaokami | 2014-03-06 21:14 | Comments(0)

都会で30年のバリキャリ独身生活から一転50歳目前でまさかの結婚。夫の家業の昆布通信販売を手伝いながら現役エステシャンとしても活動。昨年「化粧品検定1級」取得いたしました。美容と健康につながる料理を研究しながら海辺の家で夫、犬2匹との生活。そんな日常やお仕事のことを綴ります。


by miho
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31