絶品!居酒屋いらずの牛すじ煮込み

昨年12月、初めて大阪に行きまして。。。

その魅力にすっかり引き込まれた私ですが。

大阪の魅力は何と言ってもやはり「食」でした。

そして、それはお好み焼きでもたこ焼きでもなく。。。「煮込み」とか「どて焼き」

メインに使われているのは「ほーるもん」の牛筋とかモツとか。

千日前の立ち飲みで食べたそれはたった300円くらいなのに忘れられない美味しさなのでした。

旅行直前にも函館の老舗の居酒屋でちょっとお値段高めの煮込みをいただきました。

こちらもお値段相当に美味しくはありましたが、牛すじを高級品にするテクもまた見習いたいものです。

今回は高級ではない方のそれを熱望する夫のために、「牛すじの煮込み」を初挑戦いたしました。

今回も誰に教わるでもなく、今まで各居酒屋や大阪などで食べた経験と勘を生かして自分なりに試行錯誤。
f0312238_01074263.jpg
さすがに食べたがっていただけあって主人が、札幌市内の超マニアックなお肉屋さんから牛筋を仕入れました。

でも、話に聴くより灰汁が出ないのは物が良いせいなのでは?

いったん茹でこぼしてからお水で灰汁などを洗います。

そして、お好みのお野菜などと圧力鍋へ。
f0312238_01115229.jpg
今回用意したのは、ごぼう、だいこん、人参、こんにゃく、臭み取りの生姜と長ネギの青いとこ。

f0312238_01111057.jpg
圧力鍋にかけ終わったら最終の調味をしてしばらくとろ火にかけて煮込み続けます。

ざっとですが、参考までに私の味付けは。。。
お酒、みりん、醤油、味噌、砂糖、あとはマル秘です(笑)

↑の写真は圧力後すぐですが、これから1時間ほど煮詰めてトロトロになり味も凝縮されたら。。。

f0312238_01123317.jpg
牛すじはもちろん、お野菜たちもやわらか~~~くなって!!

(本当にすいません。。。)居酒屋に行かなくてもいいんじゃないぃぃぃ~~~!!!

そのくらいのお味になりましたぁ!(手前味噌ですが自分でもビックリ!)

さて、この「牛すじ煮込み」ですが。

手前味噌ついでに何が味噌かと申しますと。。やっぱり味噌かな。。。と。

お味噌の種類や配合によって、だいぶ味が変わると思います。

ちなみに私は夫実家の秘伝の味噌を使いました!

呑兵衛の皆さま、牛筋が手に入る機会がありましたらぜひ、お試しください!


はこだて藻藻屋 女将



[PR]
by konnbuyaokami | 2014-01-15 01:38 | Comments(0)

都会で30年のバリキャリ独身生活から一転50歳目前でまさかの結婚。夫の家業の昆布通信販売を手伝いながら現役エステシャンとしても活動。昨年「化粧品検定1級」取得いたしました。美容と健康につながる料理を研究しながら海辺の家で夫、犬2匹との生活。そんな日常やお仕事のことを綴ります。


by miho
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30